イベント開催報告

2019年 昆虫観察&採集会・標本教室・昆虫教室

 2019年の活動報告です。  arrow2018年の活動報告  arrow2017年の活動報告  arrow2016年の活動報告  arrow2015年の活動報告  arrow2014年の活動報告  arrow2013年の活動報告  arrow2012年の活動報告  arrow2011年の活動報告

はじめての昆虫標本教室

1月27日(日)、今年はじめての昆虫標本作成教室を開催しました。
また、標本教室はいつもすぐに満員になってしまうため、今回ははじめての方限定。
それでも募集開始後まもなく定員となってしまいました。
当日は定刻より早めに到着する方が多く、開始時間前から昆虫館は熱気が立ち込めてきましたが・・
準備も整い、まずは奥本館長から日本における標本作成の歴史の話からスタートしました。

はじめての方限定なので、色々な基本的なことから学ばなければならないのですが・・
時間が足りなくなるので基礎知識は印刷物にまとめて配付し、パパとママに託します。
みんな早く作りたくて、そわそわうずうずしているので、ほんとに必要最小限の説明だけして早速作成開始。
まずは全員同じ昆虫(外国産クワガタ)を使って、展脚をして標本にしていきす。
力のいるところはパパママに手伝ってもらいながら、1時間半ほどかけて全員できました。

休憩をはさんで2つ目はあらかじめ自分で選んだ甲虫で復習です。
(小学校高学年以上の参加者は蝶の展翅に挑戦しました)
1つ目よりもみんな上手にできたようで、「楽しかった~!」という満足げな声も聞こえました。
また今回は、若い社会人の方も2名参加していただけて、スタッフも指導に熱がこもっていたようです。(こ)

昆虫プラバン教室

春までしばらく会えない昆虫達に想いを寄せて、1月20日(日)に昆虫プラバン作成教室を開催しました。
参加してくれた11名のお子さん達は、それぞれに用意された材料を前に、みんな早く始めたそう!
長いお話は無しにして、早速作り方の説明をします。

熱を加えることで縮んで硬くなるプラバン(プラスチック板)は、小学校や地域のイベントでも使われることもあるので、ご存知の方も多いと思います。
教室では、この板に自分の好きな虫や、図鑑で観察した虫の絵を描いて、クリップやキーホルダー、マグネットを作りました。

はじめはおっかなびっくりだった子も、慣れてくるとどんどん作品が増え、中には9個も完成させた子もいました。
模様が忠実に描かれたチョウやテントウムシ、色彩豊かで芸術的なクワガタなど、それぞれ世界にひとつの素敵な作品ができましたね。
途中に用意した休憩用のお菓子やジュースに目もくれない集中ぶり!!
改めて、子どもは絵を描くのが好きなのだなぁと思いました。(さ)



スカラベのアイコン

入会のご案内

日本アンリ・ファーブル会へのご入会および年会費等について
arrow詳細はこちら

昆虫塾のご案内

昆虫塾は会員の自主的同好会グループです
ファーブル会の会員であれば誰でも入会できます
arrow詳細はこちら

スタッフ募集

あなたも「虫の詩人の館」の仲間になりませんか?
ボランティア・スタッフを随時募集しています
arrow詳細はこちら