日本アンリ・ファーブル会とは

■「虫とは何か」がわかってくると、「自分とは何か」がわかってきます

 本会は、フランスの博物学者アンリ・ファーブルをひとつの理想像として、現代の日本の子供たちを中心に、自然に対する健全な感覚を養い育てることを目的としています。

 子供たちは遅くとも十歳くらいまでのあいだに、仲間と自然の中で遊ぶことが望ましく、それによって健全な人間として必要な、様々な感覚、能力を身につけることができます。それは現在の都会的環境では育ちにくいものです。

 日本人は昔からふるさとの自然に護られ、小動物、主として虫を相手にその姿、形の多様さ、美しさ、不思議さを知り、その命の貴さに触れてきました。これははからずも、あの偉大なる博物学者、アンリ・ファーブルの生涯の仕事と一致しています。

 しかし、現在の日本で、どうしたら子供たちを、そのように自然と親しませることが出来るでしょうか。
 子供たちが昆虫や植物を自由に手に取り実感出来る自然環境、自由に利用できる資料館などを提供し、子供のみならずその家族にも、日本人がかつて所有していた自然についての感覚、美意識をとりもどしてもらうことを目標に活動しています。

アンリ・ファーブル会主要理事

■理事長

奥本 大三郎
大阪芸術大学教授

■理事

上田 恭一郎
北九州市立自然史・歴史博物館学芸担当部長
海野 和男
昆虫写真家
相賀 昌宏
株式会社 小学館社長
河合 雅雄
生態学者、兵庫県立人と自然の博物館名誉館長
小西 正泰
昆虫学者、東京ホタル会議議長
杉村 光俊
社団法人 トンボと自然を考える会常務理事
仁坂 吉伸
和歌山県知事
鳩山 邦夫
衆議院議員(文部、労働、法務大臣歴任)
福原 義春
株式会社 資生堂名誉会長
村田 泰隆
株式会社 村田製作所会長
杠 隆史
昆虫雑誌「ゆずりは」編集長
養老 孟司
解剖学者、東京大学名誉教授
山口 仲美
国語学者
大野 正男
東洋大学名誉教授
中嶋 正人
ファーブル昆虫塾 塾長
梅田 幸和
ファーブル昆虫塾 幹事
得津 良寿
ファーブル昆虫塾 幹事
高根 俊一
ファーブル昆虫塾 幹事
荻原 健二
ファーブル昆虫塾 幹事
高橋 冠
ファーブル昆虫塾 幹事
柿澤 清美
ファーブル会 会員

■幹事

安達 尚友
 
近藤 佳幸
 

個人情報について

当会サイトでは、個人情報を次のとおり適切に取り扱い、プライバシー保護に最大限の注意を払っています。

■個人情報とは
当会サイトを通じて当会が収集した、住所、氏名、電話番号、E-mailアドレス等、特定の個人を識別できる情報をいいます。
■個人情報の収集について
当会サイトを通じて当会が個人情報を収集する際は、参加者ご本人の意思による情報の提供(登録)を原則とします。
個人情報の収集にあたっては、その収集目的を明示いたします。
収集した個人情報は、明示した目的のために必要な範囲内で使用します。
■個人情報の利用制限
当会サイトで収集した個人情報を事前にご本人の同意なく第三者へ提供することはありません。
■個人情報の管理
収集した個人情報はサイト管理者が厳重に管理し、漏洩、不正流用、改ざん等の防止に努めます。


スカラベのアイコン

入会のご案内

日本アンリ・ファーブル会へのご入会および年会費等について
arrow詳細はこちら

昆虫塾へのご案内

昆虫塾は会員の自主的同好会グループです
ファーブル会の会員であれば誰でも入会できます
arrow詳細はこちら

スタッフ募集

あなたも「虫の詩人の館」の仲間になりませんか?
ボランティア・スタッフを随時募集しています
arrow詳細はこちら