『織田作之助と蛍 奥本大三郎随想集』 (教育評論社) 発刊

織田作之助と蛍  奥本館長が虫と文学などについて綴った随想集。
 「牧野信一と昆虫採集」「モモンガの気持ち」「AIと贋作」などを収録。
 『アステイオン』などに掲載されたものに加筆し書籍化されました。


  ※ファーブル昆虫館でもご購入できます(定価1,800円+税)

館長の部屋(ブログ) 2019

3月23日 ~ メーリアンのイモムシ変態図集 ~
昆虫変態図譜  栃木にメーリアンの有名な図集の古い版本を持っている方がおられる。
 メーリアンは、3百年も前に、オランダに住んでいた女性で、幼い娘と二人、勇敢にも南米のオランダ領スリナムに渡り、現地の昆虫や、爬虫類、両生類の精密な絵を描いた。
 虫は、それぞれの生きたものが、植物に止まらせてあって、その描写に生き生きとした質感がある。
 それもそのはず、彼女は、黒人奴隷が森の中から取ってきた幼虫を飼育して写生し、記録をつけているのだ。
 何しろ、当時、西洋人は、蝶の蛹が羽化してくることをキリストの受難と解放に例えたりしていた時代である。
 普通の画家が描いた蛹の図には人の顔が描いてあったりした。メーリアンの視線は時代を超えているのである。
 原画は、羊皮紙に書かれた大きなもので、ロシアの国宝級の絵であるという。その古い版画を見せてもらった。
 いずれ、日本語版が出版されるらしい。こういうものが出版されるとは、日本は大した文化国家ではないか。
2月17日 ~ クワガタ飼育教室 ~
クワガタ飼育教室  外国産クワガタの輸入が許可された1999年から、飼育の工夫をしてこられた佐藤敬さんが講師である。
 我々にとっては昔からの仲間だ。
 ファーブルの「昆虫記」をよく読んでおられて、「自分の目で確かめたことしか言わない」ということをしっかり守っている。
 そういえば佐藤さん一家とは、一緒にファーブルの土地を訪ねて、南フランスにも行った。
 その時のお子さんが、大きくなって一緒に来られた。見上げるような大男になっていた。
 横で聞いていればすぐわかるように、実際に苦労した人独特のこだわり方の、熱血授業である。
 しかし、聞いている子供達の方もクワガタに詳しい。
 クワガタ幼虫と、カブトムシ幼虫の違いは?と聞くと、「毛!」とすぐ答えが返ってくる。
 卵から孵った幼虫が、土の中に潜って行くときにこの毛が役に立つのである。
 1時半から4時近くまで、文字通り、熱い授業だった。
1月12日 ~ ランボー再読 ~
アルチュール・ランボー(Wikipedia)  この頃はもっぱらランボーを読んでいる。
 アルチュール・ランボーは、フランス19世紀の詩人。
 パリの詩壇に彗星のように現れ、数々の驚くべき作品で、眩しい光芒を放ったが、
 二十歳前後で突然、詩を捨てて世界を放浪し、アビシニアの武器商人となって砂漠に姿を消した。
 そして、三十半ばで、マルセイユの病院で片足を切断されて死んだ、まさに天才詩人として知られている。
 あのアクション映画のランボーとは別人である。
 フランスの詩人の方は、Rimbaudと書く。
 そしてシルヴェスター・スタローンが演じた方は、Ramboと言う綴りである。
 ランボーの詩を翻訳し、その生涯を語るために、今私は一生懸命だが、これが、しんどいけれどやりがいがある。
 集英社の季刊誌「kotoba」に連載することになっていて、第一回目を書き終えたところ。
 乞うご期待。
 (写真はWikipediaより)


スカラベのアイコン

入会のご案内

日本アンリ・ファーブル会へのご入会および年会費等について
arrow詳細はこちら

昆虫塾のご案内

昆虫塾は会員の自主的同好会グループです
ファーブル会の会員であれば誰でも入会できます
arrow詳細はこちら

スタッフ募集

あなたも「虫の詩人の館」の仲間になりませんか?
ボランティア・スタッフを随時募集しています
arrow詳細はこちら